お知らせ

生成AIを活用した、商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」提供のFotographer AI株式会社がシードラウンドを総額1.4億円でクローズ

Feb 6, 2024

農林中金キャピタル株式会社からの追加出資を受け、事業拡大体制を強化

 生成AIを活用し、ブランド・事業者向けにパーソナライズされた商品画像の自動生成が可能なサービス「Fotographer.ai」を提供するFotographer AI株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役:鈴木麟太郎、以下「当社」)は、先日発表した、三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社ANOBAKA、みずほキャピタル株式会社からの出資に加え、新たに農林中金キャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施。総額1.4億円でシードラウンド調達をクローズいたしました。

 今回の追加調達により、商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」の更なる機能拡充の開発、人材獲得を加速すると共に、EC領域における豊富な知見を持つ農林中金キャピタルと共に更なる事業拡大も目指してまいります。


Fotographer.aiについて

 Fotographer.aiは、EC事業者や広告クリエイティブに携わる方向けにサイト内やマーケティングで使用する商品画像を自動生成できるAIサービスです。

 キャンペーンやシーズンごとで撮影が必要になるサイト内や広告の商品画像の作成を、生成AIの技術を用いて自動生成できる点が特徴です。商品の画像をアップロードし、作成したい商品のイメージを文字で入力もしくはテンプレートを選択するだけで、クリエイティブな商品画像を短時間で作成することが可能です。また、花や果物、土台や手など、素材を自由に配置し、思い通りの構図で商品画像を作成することも可能です。

 さらに、独自のAIがブランドイメージやスタイルを学習することにより、ブランド独自のクリエイティブの提案・作成が可能となる機能も提供しております。これにより、ブランドの魅力を最大限に引き出しながら、効率的かつ効果的なマーケティング活動が実現できます。

 当サービスのクオリティが高く評価され、Stability AI Japanのサポートプログラムにも採択されており、また、総合コマースプラットフォーム「ecforce」との連携も進行しております。

サービスHP: https://fotographer.ai/


資金調達の背景

 近年、EC市場は拡大の一途を辿っております。化粧品やアパレル、日用品や食料品まで、あらゆる商品がECで購入出来る環境が整備されてきております。一方、ECを活用する販売事業者の方々は、いかに自社商品を魅力的に見せるかという点において、多くの手間と時間をかけて商品画像を作成しております。\

 こうした背景を受け、当社は今回調達した資金を元に、急成長する生成AI技術を活用しブランド・事業者向けにパーソナライズされた商品画像の自動生成が可能なサービス「Fotographer.ai」の開発を加速させ、全ての事業者が抱える商品画像作成の課題を解決してまいります。


資金調達概要

調達金額:1.4億円

調達方法:第三者割当増資

引受先(敬称略、順不同):三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社ANOBAKA、みずほキャピタル株式会社、農林中金キャピタル株式会社

資金用途:プロダクト開発、マーケティング投資、採用・組織体制の強化


引受先コメント
農林中金キャピタル株式会社 日野 太貴氏

 この度はシードラウンドにて出資の機会を頂きました。Fotographer AI社は日本の画像生成AI領域におけるフロントランナーのような存在であると思います。また、当社の取り組む商品画像の自動生成サービスはEC・マーケティングにおけるソリューションの広がりに期待感が持てます。今後も多くのステークホルダーを巻き込みつつ、この業界における新たな渦を生み出す存在になっていくと感じております。

農林中金キャピタルは農林中央金庫ならびにJAグループのネットワークを活かして支援して参ります。

PRtimes: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000055274.html

農林中金キャピタル社リリース: https://www.nc-cap.co.jp/content/uploads/2024/02/20240206_News.pdf

お知らせ

生成AIを活用した、商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」提供のFotographer AI株式会社がシードラウンドを総額1.4億円でクローズ

Feb 6, 2024

農林中金キャピタル株式会社からの追加出資を受け、事業拡大体制を強化

 生成AIを活用し、ブランド・事業者向けにパーソナライズされた商品画像の自動生成が可能なサービス「Fotographer.ai」を提供するFotographer AI株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役:鈴木麟太郎、以下「当社」)は、先日発表した、三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社ANOBAKA、みずほキャピタル株式会社からの出資に加え、新たに農林中金キャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施。総額1.4億円でシードラウンド調達をクローズいたしました。

 今回の追加調達により、商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」の更なる機能拡充の開発、人材獲得を加速すると共に、EC領域における豊富な知見を持つ農林中金キャピタルと共に更なる事業拡大も目指してまいります。


Fotographer.aiについて

 Fotographer.aiは、EC事業者や広告クリエイティブに携わる方向けにサイト内やマーケティングで使用する商品画像を自動生成できるAIサービスです。

 キャンペーンやシーズンごとで撮影が必要になるサイト内や広告の商品画像の作成を、生成AIの技術を用いて自動生成できる点が特徴です。商品の画像をアップロードし、作成したい商品のイメージを文字で入力もしくはテンプレートを選択するだけで、クリエイティブな商品画像を短時間で作成することが可能です。また、花や果物、土台や手など、素材を自由に配置し、思い通りの構図で商品画像を作成することも可能です。

 さらに、独自のAIがブランドイメージやスタイルを学習することにより、ブランド独自のクリエイティブの提案・作成が可能となる機能も提供しております。これにより、ブランドの魅力を最大限に引き出しながら、効率的かつ効果的なマーケティング活動が実現できます。

 当サービスのクオリティが高く評価され、Stability AI Japanのサポートプログラムにも採択されており、また、総合コマースプラットフォーム「ecforce」との連携も進行しております。

サービスHP: https://fotographer.ai/


資金調達の背景

 近年、EC市場は拡大の一途を辿っております。化粧品やアパレル、日用品や食料品まで、あらゆる商品がECで購入出来る環境が整備されてきております。一方、ECを活用する販売事業者の方々は、いかに自社商品を魅力的に見せるかという点において、多くの手間と時間をかけて商品画像を作成しております。\

 こうした背景を受け、当社は今回調達した資金を元に、急成長する生成AI技術を活用しブランド・事業者向けにパーソナライズされた商品画像の自動生成が可能なサービス「Fotographer.ai」の開発を加速させ、全ての事業者が抱える商品画像作成の課題を解決してまいります。


資金調達概要

調達金額:1.4億円

調達方法:第三者割当増資

引受先(敬称略、順不同):三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社ANOBAKA、みずほキャピタル株式会社、農林中金キャピタル株式会社

資金用途:プロダクト開発、マーケティング投資、採用・組織体制の強化


引受先コメント
農林中金キャピタル株式会社 日野 太貴氏

 この度はシードラウンドにて出資の機会を頂きました。Fotographer AI社は日本の画像生成AI領域におけるフロントランナーのような存在であると思います。また、当社の取り組む商品画像の自動生成サービスはEC・マーケティングにおけるソリューションの広がりに期待感が持てます。今後も多くのステークホルダーを巻き込みつつ、この業界における新たな渦を生み出す存在になっていくと感じております。

農林中金キャピタルは農林中央金庫ならびにJAグループのネットワークを活かして支援して参ります。

PRtimes: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000055274.html

農林中金キャピタル社リリース: https://www.nc-cap.co.jp/content/uploads/2024/02/20240206_News.pdf

お知らせ

生成AIを活用した、商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」提供のFotographer AI株式会社がシードラウンドを総額1.4億円でクローズ

Feb 6, 2024

農林中金キャピタル株式会社からの追加出資を受け、事業拡大体制を強化

 生成AIを活用し、ブランド・事業者向けにパーソナライズされた商品画像の自動生成が可能なサービス「Fotographer.ai」を提供するFotographer AI株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役:鈴木麟太郎、以下「当社」)は、先日発表した、三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社ANOBAKA、みずほキャピタル株式会社からの出資に加え、新たに農林中金キャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施。総額1.4億円でシードラウンド調達をクローズいたしました。

 今回の追加調達により、商品画像自動生成サービス「Fotographer.ai」の更なる機能拡充の開発、人材獲得を加速すると共に、EC領域における豊富な知見を持つ農林中金キャピタルと共に更なる事業拡大も目指してまいります。


Fotographer.aiについて

 Fotographer.aiは、EC事業者や広告クリエイティブに携わる方向けにサイト内やマーケティングで使用する商品画像を自動生成できるAIサービスです。

 キャンペーンやシーズンごとで撮影が必要になるサイト内や広告の商品画像の作成を、生成AIの技術を用いて自動生成できる点が特徴です。商品の画像をアップロードし、作成したい商品のイメージを文字で入力もしくはテンプレートを選択するだけで、クリエイティブな商品画像を短時間で作成することが可能です。また、花や果物、土台や手など、素材を自由に配置し、思い通りの構図で商品画像を作成することも可能です。

 さらに、独自のAIがブランドイメージやスタイルを学習することにより、ブランド独自のクリエイティブの提案・作成が可能となる機能も提供しております。これにより、ブランドの魅力を最大限に引き出しながら、効率的かつ効果的なマーケティング活動が実現できます。

 当サービスのクオリティが高く評価され、Stability AI Japanのサポートプログラムにも採択されており、また、総合コマースプラットフォーム「ecforce」との連携も進行しております。

サービスHP: https://fotographer.ai/


資金調達の背景

 近年、EC市場は拡大の一途を辿っております。化粧品やアパレル、日用品や食料品まで、あらゆる商品がECで購入出来る環境が整備されてきております。一方、ECを活用する販売事業者の方々は、いかに自社商品を魅力的に見せるかという点において、多くの手間と時間をかけて商品画像を作成しております。\

 こうした背景を受け、当社は今回調達した資金を元に、急成長する生成AI技術を活用しブランド・事業者向けにパーソナライズされた商品画像の自動生成が可能なサービス「Fotographer.ai」の開発を加速させ、全ての事業者が抱える商品画像作成の課題を解決してまいります。


資金調達概要

調達金額:1.4億円

調達方法:第三者割当増資

引受先(敬称略、順不同):三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社ANOBAKA、みずほキャピタル株式会社、農林中金キャピタル株式会社

資金用途:プロダクト開発、マーケティング投資、採用・組織体制の強化


引受先コメント
農林中金キャピタル株式会社 日野 太貴氏

 この度はシードラウンドにて出資の機会を頂きました。Fotographer AI社は日本の画像生成AI領域におけるフロントランナーのような存在であると思います。また、当社の取り組む商品画像の自動生成サービスはEC・マーケティングにおけるソリューションの広がりに期待感が持てます。今後も多くのステークホルダーを巻き込みつつ、この業界における新たな渦を生み出す存在になっていくと感じております。

農林中金キャピタルは農林中央金庫ならびにJAグループのネットワークを活かして支援して参ります。

PRtimes: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000055274.html

農林中金キャピタル社リリース: https://www.nc-cap.co.jp/content/uploads/2024/02/20240206_News.pdf